よくある質問と回答集

スタッフ募集

商品検索

■ベッキーキャンドル厚木営業所

    営業時間:月曜日〜金曜日(土曜日のみ午前営業)

      休日:日曜日

        キャンドル材料の発送は厚木営業所から行います。


        • みなとみらい線元町・中華街駅5番出口徒歩3分
        • 営業日:火曜日〜日曜日
        • 営業時間:平日PM11:00~PM18:00/土日祝日AM11:00-PM19:00

        • 建物の取り壊しのため、2019年12月24日を持ちまして閉店させていただきます。再入居または店舗の移転などにつきまして決まり次第、ホームページでご案内させていただきます。

        http://gigaplus.makeshop.jp/beckycandle/becky_shop.jpg
      • 主なメディア情報
        ●『タカトシ温水路線バスの旅』でタカトシさん、温水さん、比企さんがキャンドル体験をしました。
        ●ザ・テレビジョンの取材で嵐の櫻井さんと二宮さんがカービングキャンドル体験をしました。
        ●『ヒルナンデス』で久本雅美さん、河北麻友子さん、藤原一裕(ライセンス)がキャンドル体験しました。
        ●『志村劇場』で志村けんさん、ダチョウ倶楽部さん、優香さんがキャンドル体験しました。
        ●『ぶらり途中下車の旅』で宮川一朗太さんがカービングキャンドル体験しました。
        ●『ファンクラブ会報紙』の企画でサザンオールスターズの原由子さんがキャンドル体験をしました。
        ●『路線バスで寄り道の旅』で徳光和夫さん、田中律子さん、磯山さやかさんが来店しました。
        ●るるぶ横浜版、まっぷる横浜版に掲載していただいています。

        ●『めざましテレビ』でカービングキャンドル体験、『おじゃマップ』等

インスタグラム
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2021年 01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
キャンドル屋の一日

キャンドルアーティスト講座受講生限定コラム・・・キャンドル制作に役立つ情報や知識を不定期でお届けします。記事は受講生限定になります。></a><hr>

<a href=https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=beckycandle target= 制作に役立つ情報や限定セール案内をお届け
ベッキーキャンドル誕生秘話
 

トップ > キャンドル用ワックス > 【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製  
キャンドル用ワックス > 日本製パラフィンワックス【石油系】 > 【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製  

【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製   【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製  
【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製   【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製  
拡大画像

【顆粒タイプ】パラフィンワックス融点58℃ 日本製  

商品コード : pw58_powder
製造元 : 日本
価格 : 円(税込)
ポイント : 10
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
数量

選択
300g 500円
1 1000円

かごに入れる
すぐに購入
この商品についてつぶやく
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細

【特徴】
原油を精製して抽出されるキャンドル制作に欠かせないワックスです。一般的に融点は47℃〜69℃まで幅広く、中でも融点58℃のものは季節を問わず使用できます。
こちらの商品は顆粒タイプです。素早く溶けるのが長所です。

こんな時にお勧め
〇うっかり温度が上がり過ぎてしまった。
〇温度調整のために加える。
〇素早く作業をしたい時。
〇微量の重さ調整などに便利です。
・ワックスを溶かす際には換気に気をつけてください。
・200℃を超えると引火の危険性があります。
・小さなお子様やペットの近くでの保管、使用はしないでください。
・ワックスは食べられません。

  • ※ワックスは200℃を超えると自然発火する恐れがありますので取り扱いには十分ご注意ください。
※電磁調理器で溶かす際は余熱をうまく利用するようにしてください。
※水の混入に注意してください。
 

ページトップへ