商品検索

公式アプリは下記のQRコードをスキャンして簡単インストール
公式アプリのダウンロードのご案内

ベッキーキャンドル横浜元町店

  • みなとみらい線元町・中華街駅5番出口徒歩3分
  • 営業日:火曜日〜日曜日
  • 営業時間:平日PM12:00~PM19:00(7月1日~8月31日まで)/土日祝日AM11:00-PM19:00

http://gigaplus.makeshop.jp/beckycandle/becky_shop.jpg
  • 主なメディア情報
    ●『タカトシ温水路線バスの旅』でタカトシさん、温水さん、比企さんがキャンドル体験をしました。
    ●ザ・テレビジョンの取材で嵐の櫻井さんと二宮さんがカービングキャンドル体験をしました。
    ●『ヒルナンデス』で久本雅美さん、河北麻友子さん、藤原一裕(ライセンス)がキャンドル体験しました。
    ●『志村劇場』で志村けんさん、ダチョウ倶楽部さん、優香さんがキャンドル体験しました。
    ●『ぶらり途中下車の旅』で宮川一朗太さんがカービングキャンドル体験しました。
    ●『ファンクラブ会報紙』の企画でサザンオールスターズの原由子さんがキャンドル体験をしました。
    ●『路線バスで寄り道の旅』で徳光和夫さん、田中律子さん、磯山さやかさんが来店しました。
    ●るるぶ横浜版、まっぷる横浜版に掲載していただいています。

    ●『めざましテレビ』でカービングキャンドル体験、『おじゃマップ』等

  • インスタグラム
    2018年 11月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    今日
    2018年 12月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31      
    よくある質問と回答集
    キャンドルアーティスト講座受講生限定コラム・・・キャンドル制作に役立つ情報や知識を不定期でお届けします。記事は受講生限定になります。
    制作に役立つ情報や限定セール案内をお届け ベッキーキャンドル誕生秘話

    トップ > キャンドル用ワックス > オリジナルブレンドワックス > フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。

    フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。 フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。 フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。
    フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。 フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。 フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。
    拡大画像

    フラワークリームワックス 300g フラワーキャンドルやホイップクリームが簡単に制作できるのが特徴です。

    商品コード : fcw-300
    価格 : 1,296円(税込)
    ポイント : 12
    数量
     

    1万800円以上のご購入で配送料無料 沖縄県及び離島を除く(送料600円引き)。

    かごに入れる
    すぐに購入
    この商品についてつぶやく
    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ

    商品情報について

    天然ワックスをブレンドしたオリジナルワックスです。口金を使用し、簡単にフラワーキャンドルやホイップクリームを制作することが出来ます。時間の経過とともにワックスは硬くなります。硬くなった場合は湯せん等で温めてください。
    【使用方法】
    絞り袋と口金を用意します。
    (1)適量を鍋に入れて溶かしてします。
    (2)70℃〜80℃になったらお好みで着色します。
    (3)60℃前後に下がったら口金をセットした絞り袋にワックスを入れます。
    (4)クリーム状になったら絞ってみてください。
    ※ワックスが固いような場合は湯せん、ドライヤーやヒートガンを使用し軽く温めてください。
    特に口金が冷えると出にくくなるのでご注意ください。
    詳しいキャンドルレシピはキャンドルアーティスト講座のレッスン内容になります。

    ページトップへ